代表挨拶

私達が目指すのは、ストアビジネスの総合商社

人財派遣から販促まで、ストアビジネスの総合商社を目指すスターキャリア。代表の保坂龍政が語るストアビシネスの未来とは?

TOP MESSAGE

01

STAR CAREERとはどんな会社?

STAR CAREER保坂氏が語る、ストアビジネスを戦う戦略

STAR CAREERの事業とロゴのコンセプトについて

STAR CAREERはモバイルに関する通信事業を複合的に展開しているD-POPSグループの、5番目の会社として誕生しました。事業内容はストアビジネス全般を視野に入れた人財派遣と、コンサルティングを行っています。

弊社の思いは星型のロゴマークにも込められています。ピンクの部分はモバイル、カクテルグラスをモチーフにしたブルーは飲食、ハンカチーフを表したオレンジはアパレル、ダイヤ型のグリーンはブライダル、そして真っ白な矢印は自分で色をつける、つまり自ら立ち上げ成長させていく可能性を秘めた分野を表しています。

02

モバイル以外の業界にも幅広く事業展開するということですね?

渋谷クロスタワー30階からの夜景

STAR CAREERの将来的な事業領域とビジョンについて

将来的には人財派遣だけでなく、将来的には販売員教育の研修、販促など様々なノウハウも提供していきます。いわばストアビジネスの総合商社ですね。

私は、ストアビジネスの本質は「あのお店にまた行きたいな」と思って頂ける"地域から愛されるお店づくり"にあると信じています。こうしたお店を作るにはあらゆるノウハウも必要です。私達はそのノウハウを駆使し、提供できる人財を育てて行きたいと考えています。

03

どのようにして優秀な人財を育成していくのでしょうか?

STAR CAREERの人財教育の考え方

STAR CAREERの人財育成の考え方と戦略について

弊社では、大きく分けて4つの育成制度を実践しています。まず1つは、経営者的思考を身につけるための月1回の研修。1チーム10名で仮想会社を作り、実在する店舗を例に挙げ「自分があのチェーン店の経営者ならどうするか?」ということについて議論を重ね、経営者思考を鍛えていきます。

2つ目は、年4回の振り返り面談。3つ目は、資格取得の支援。4つ目は、徹底した現場育成です。人財ビジネスは「人手が欲しいところに人を送る仕事」だと思われがちです。しかし弊社はそうでなく、その人自身が人生をより良くするためのステージとして現場を活用して欲しいと思っています。

04

2017年度は60名、今後も毎年多数の採用予定があるそうですね?

会社の今後と人財観について

今後の人財採用方針と代表の人財観について

毎年数百人単位で採用し、2020年にはおそらく中途入社を合わせ1000名近い社員数になると思います。この先、日本は大幅な人口減により労働力不足になると言われています。業務の中には人工知能でまかなえるものもあるでしょう。しかし地域から愛される店を作るには、スキルとノウハウを持った人財が必要不可欠です。

私はビジネスは才能ではないと思っています。実際、人の能力の差なんて大してないですから。では、どこで差が生まれるのか?それは"努力"です。3年間、本気で努力した人は大体一定のレベルまで登って行くことができます。そして将来に渡り求められる人財になるはず。

「自ら成長し、ストアビジネスを牽引する存在になる」ということに、ワクワクできる人は、ぜひ弊社にきて欲しいと願っています。